Masayoのブログ: アメブロ と NOTE で更新して行きます。 

シャドウがくれるもの

あなたをイライラさせる出来事は、 あなたに忍耐を教えている。 あなたを置き去りにし離れる人は、 あなたに自分の二本の足で立ち上がることを教えている。 あなたを怒らせる出来事は、 あなたに許しと慈悲の心を教えている。 あなたをに覆いかぶさる支配は、 自分自身の力を取り戻す事を教えている。 あなたが毛嫌いするものは、 無条件に愛することを教えている。 あなたが感じる恐怖は、 恐怖に打ち勝つ勇気を教えている。 あなたがコントロールできない事柄は、 どのように「手放すか」を教えている。 まさに、シャドウがくれるもの、ですね。 原文はこちら 英語 補足: Annoy イラッ、むか〜、うんざり させる。 例: He annoys me. I am annoyed by him. 日本語の会話で「もう、ムカつく〜〜」っていうのは 「you annoy me!」 abandon 置き去りにする、ひとりぼっちにさせる power over (you) 力が上に覆いかぶさる =支配する take (your / my) power back 力を取り戻す hate  日本語で嫌い、というよりもっと強い。毛嫌い。 日本語でのニュアンスの「フツーに嫌い」を 英語でいう時は「I don't like」くらいが妥当。 overcome 克服する 打ち勝つ over超えて come来る、的なニュアンス let go 手放す。そのものが(離れて)行くままにさせる。 「ありの〜♩ままで〜」は若干意訳。

コンパッションとは? 3

ガブリエルからの平手打ちは衝撃だった。 が、「やめろ」と言われて火がつくドSな私は 絶対に認めさせてやる!くらいに思ってしまい、 そこからまた5リズムを追いかけ、アメリカ中を駆け巡るのだった。 そして、2013年、エサレンでのガブリエルのワークショップ「メディスンダンス」 折しもガブリエルはガンで余命いくばくもない、ということで、 夏の10日間ワークショップはガブリエルがキャンセルし、 その後、ガブリエルの最後のワークショップになるかもしれないと言われたエサレンのワークショップではものすごい倍率で、発売になるその当時でキャンセル待ちだったのだが、なんとラッキーにも入れた。 ガブリエルの人生最後のワークショップに参加できたことは私の最高の宝物となった。 世界中から実にたくさんのティーチャーたちも参加していた。 私は恥ずかしいけれども、ガブリエルに言われたことをティーチャーの先輩に話した。 するとティーチャーたちは大笑いして 「Sounds like Gabrielle!(まさにガブリエルっぽい!)」 あなた、そのエピソードは宝よ。 ガブリエルは時々そうやって平手打ちをするの。 なぜなら、ガブリエルは完全なミラーだからよ。 エゴを完全に投影する。 と言った。 *** ところでこのワークショップ中、 「ガブリエルの体調は思わしくないので、 決して彼女を追いかけて話しかけたり、ハグを要請したりしないように」 と告げられていた。 とある日の午後、 ひろーいロッジのカフェで、あちらからたった1人で歩いてくる女性がいた。 ガ、ガブリエル。。。 なぜか1人だった。 こちらからは私のみ。 すれ違

スティルネス

どのリズムが一番好きかというと、 私、実はこのスティルネスが一番好き。 静かで、だけどその下に脈々と流れている 何千ものうめき。幾千もの星のような、 そんな暗闇、エーテルがつなぐ集合意識みたいな、、、 そんなスティルネスが最高に好き。 スティルネスに気持ちよく入れた時、 それはまるで魔法の中。 時空が飛ぶ空間。 魂が温泉に入る場所。 スティルネス。 さて余談です。 以前、「氣」をえらい先生に習っているというドクターとご一緒させていただいたことがあり、彼は氣と変性意識のことなどを、たくさん説明してくださった。 とにかく、超能力、潜在意識、氣、自己を超えた場所などという大好物なワードもここまで散りばめられるとアヤシイだろ、くらいに散りばめたお話しだったが、詳しいことは忘れてしまった。ただ、どうしても忘れられないことは、、、? 「僕の先生は、すごいんですよ。 僕もあと少しでできるようになると思うんですが、 みなさんも、僕の先生レベルの人に習わないと、 なかなか変性意識へいけないだろうなあ」 そのドクターは、5リズムのクラスに義理で来てくださることになった。 仕事が終わらず、大幅に遅れて会場へ入って来られた。 それは、ほぼ終わりかけの、ちょうどスティルネスの時だった。 そしてひとこと 「な、なんだ!この変性意識は!!」 ぜひ、その空間を味わいに来てください。 ================== 2月、日本でのクラスとワークショップ ================== 東京2デイズ 2/15、2/16(土日) テーマ: ライトアンドシャドウ 詳細、お申し込みはこちらから

ジャーニーとトリップの違い

ジャーニーとトリップの違いは何か? 人生をよく旅に例えるが、 確かにジャーニーもトリップも旅だけど、 ニュアンスはどう違うのか? Journey  ザ・道、旅路、道のり、人生 Trip     小旅行、ちょっと外へ出る、外出する 的なニュアンスの違い。 “Your feet can take you on a journey. Your head can only take you on a trip” Gabrielle Roth 「足は あなたを人生の旅路へと導けるのよ。 頭が連れていけるのは ただの外出。」 ガブリエル・ロス 的な感じ。 なるほど! 頭やVR(!)じゃなく、経験。 「Such a journey, isn't it?」 まあ、なんて道のりなんでしょう!ね? ================== 2月、日本でのクラスとワークショップ ================== 東京2デイズ 2/15、2/16(土日) テーマ: ライトアンドシャドウ 詳細、お申し込みはこちらから

リリカル

リリカルは結果。 リリカルはカオスの結果。 リリカルはカオスからの 結果としてのエクスタシー。 リリカルだけでは存在できない。 トータルで委ねる。 勝手に自分の体が動く。勝手に物事が起こる。 魔法。変容。 ここへ来たいがために私たちは必死になる。 本気でやんないとイかない。 イったフリは虚しい。 スピリットが裸になる場所。 スピリットと人間の境目がなくなる場所。 リリカル。 「動きたくない無気力感からエクスタシーの状態へ人を連れてくる。 私の仕事はツアーガイドのようなものだ」 とガブリエルが言った。 そう、そしてこのツアーは、 毎回違う。 だから面白い。 ================== 2月、日本でのクラスとワークショップ ================== 東京と関西でワークショップとクラスをします。 ワークショップは東京と関西ともに2デイズです。自分の体と向き合う二日間、心からホールドさせていただきます。 大阪クラスも含め、ぜひ、いらしてくださいね。 日本でお会いしましょう! 大阪生クラス 2/7(金) 通常毎月第四土曜日スカイプの振替生クラスです。 FB イベントページ こちらから >>> ダイレクトにお申し込みはこちらから>>> 神戸2デイズ 2/8、2/9(土日) テーマ: チェンジ 詳細、お問い合わせ、お申し込みは こちらから >>> 東京2デイズ 2/15、2/16(土日) テーマ: ライトアンドシャドウ 詳細、お申し込みはこちらから

役者

エゴが力を持ち、ステージ上で実権を握っている時、 私たちは性格俳優となる。 魂が力を持ち、ステージででパワーを持った時、 私たちは無限のレパートリーを持った役者になる。 ガブリエルロス 深いなあ〜。 私は昔、役者に例えていうならば性格俳優に憧れた。 だって自分が主役になれるタマじゃないって思ってたから。 だけど 今は、どんな人も本来は主役なんだよね。 綺麗も汚いも、全てできるんだよね。 人は皆、ホーリーアクター(聖なる役者)である。 人がWHOLE(全体)になったとき、 人は皆、ホーリーアクターになる。 私は今、たとえブサイクであろうと、 自分が性格俳優でなくなってきていることを実感している。 だって全体だもん。 ================== 2月、日本でのクラスとワークショップ ================== 東京と関西でワークショップとクラスをします。 ワークショップは東京と関西ともに2デイズです。自分の体と向き合う二日間、心からホールドさせていただきます。 大阪クラスも含め、ぜひ、いらしてくださいね。 日本でお会いしましょう! 大阪生クラス 2/7(金) 通常毎月第四土曜日スカイプの振替生クラスです。 FB イベントページ こちらから >>> ダイレクトにお申し込みはこちらから>>> 神戸2デイズ 2/8、2/9(土日) テーマ: チェンジ 詳細、お問い合わせ、お申し込みは こちらから >>> 東京2デイズ 2/15、2/16(土日) テーマ: ライトアンドシャドウ 詳細、お申し込みはこちらから

カオス

まず最初に、5リズムとは理論を頭で理解するものではない。体でする経験だ。 そういう意味で、カオスを経験するのは、しんどい。 しんどいんだけど楽しい。 最初は「しんどいーー、マジ?もうやめて〜!」 と言う人が、だんだんカオス好きな人になって行く様を何度も見ている。(笑) カオスは美しい創造だ。 壊しては創り、また壊しては創る。 オズの魔法使いの「黄色いレンガの道のよう」とガブリエルは言った。 体の内側と外側がひっくりかえって、うらがえって、バラバラになって そして、新しいものへと変化変容する。。。 新しくなるための、 ・畑を耕して居る感覚か? ・波が壊れる感覚か? とにかく、変化するためには、 必ずここを通る。これこそがプロセスだから。 だけどポイントは「結果を得るためにやるのではない」 本当にその場に身を委ねることなのだ。 ここ、パラドックス。 カオスは委ねれば最高に楽しいトランポリン。 カオスは抵抗すればめっちゃめちゃに揺らされるロデオ。 私のカオス。 自分のカオス。 「5つのリズムは全てに対応する。 自分の外、内側、人生、感情、セックス、時間、すべて。。。」 でね、カオスってねえ、 人生の中で、一番長いんだよ(笑) とにかく、これ読んでるのと、ワークショップで実際に体験するのと 雲泥の差がある。やってナンボなので、 ぜひ体験しに来てください。 体験の次が体現なんだけど、それはまた次のステップ。 まずは体験を! ================== 2月、日本でのクラスとワークショップ ================== 東京と関西でワークショップとクラスをします。 ワー

大阪生クラス

大阪スカイプクラスは、2016年の6月から始まりました。 それから毎月、前田まほさんの主催で、これで4年目に入ります。 現在は実はスカイプではなく、ズームを使用しています。 ティーチャーになったばかりの2014年、参加者さんに 「スカイプでクラスやってくださいよ!」と言われて、 無理無理無理!と思ってました。 そこから構想2年! 2016年。マホちゃんに背中を押してもらって、そこから実現しました。 それからスペースホルダーさん(ティーチャーではないが、ティーチャーにスーパーバイズされながら会を催す人)もでき、スカイプでのクラスを東京でも名古屋でもさせていただきました。 マホちゃんのやりましょう、がなかったら、 スペースホルダーさんを持つことを私が考えられなかったかもしれない。 通常は、4回に1回、私が現地へ出向かなければならないのですから。 今やズームクラスとか、ウエビナーとか、どんなジャンルでも、あたり前ですが、 たった4年前だというのに、当時はスカイプでクラスをやるなんて夢のようでした。 いろんな国の5リズムのティーチャーに、 「どうやってやるの?」と聞かれました。 現在ではズームを使ってやっていますが、名称は相変わらずスカイプクラス(笑) クラスではモニター越しに見ていて、 エネルギーの流れのようなものをすごく感じます。 なんか、ガイドしながら見ている私の、心のご馳走です。 ただ、モニター越しに見ていて、一つだけ不満があるとしたら やっぱり一緒に踊りたい。一緒に汗したい。 だから、皆さんとお会いできるのを、心から楽しみにしています。 スカイプ振替クラス、2月7日、金曜日で

おすすめの投稿
最近の投稿
Archiveアーカイブ
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square