Masayoのブログ: アメブロ と NOTE で更新して行きます。 

普通の空間を聖なるものにする

日常の中に聖なる空間をつくる。 それは自分のために。 セージやインセンスを炊いてもいいし、 クリスタルを飾ってもいい。 キャンドルを灯してもいい。 何もなかったら、ただボウルにお水を入れるだけでもいい。 自分が聖なるものだと思い出すために。 そして、 バタバタとした日常から 少しだけ抜け出すために。 少しでいいから 聖なる空間を作る。 ========== コロナ中、ズームクラスやってます。 詳細、お申し込みは www.masayodance.com より

体のサインを知る

体に障害があったり、トラウマがあると 体の中が安全な場所ではなくなる。 過度に疲れていてもそうなる。 ボーーっとしているとき、 前のめりでつま先で歩いているような状態になる感覚。 これも一つのサイン。 肩が前に落ちて首も前に落ちて、 ハートを守っている状態。 これも一つのサイン。 体の感覚が鈍い。 何かを踏んでも気づかない。 これも一つのサイン。 これらは気づくと痛すぎるから。 だから体の中にいない。 そういう人は、 無理に開くのではなく、 たとえば踊りの中で時々開いて、 その感覚を味わってもらうだけでも充分だ。 かゆいのを血が出るまで掻いてしまうワケは 痛みを感じることで本来の問題を抹消するためだったりすることもある。 腰痛だって、いきなり開くと危ないかもしれない。 ものごとにはワケがある。 だから、ゆっくりと。 開いていいよ、という その時が来たら、 体が準備できてくるはずだから。 自分に優しく。。。

ちゃんと怒れる人

自分がそれを 違う!と思ったら、 違うと思ったことをしっかり告げられる人になろう。 世の中の喧嘩の98パーセントは誤解だと思う。 その誤解をしっかり解いたほうがいいと思う。 私は、私が怒らなくちゃいけないときに 怒って来なかった。 その理由は いい人になってた。 争いごとを悪いと思って避けていた。 嫌われるのが怖くて。。。 言うことで相手を傷つけるのが怖くて。。。 本体は、 何は無くとも自分の尊厳。 自分の尊厳を守れないから 相手の尊厳も守れない。 私は私のままでいいのだ。 あなたはあなたのままでいいのだ。 お互いに あの人はこう思うかしら? この人を傷つけないかしら? と 「空想の思うかしらごっこ」 で、勝手に怒って勝手に傷ついてるだけ。 言葉にオブラートをかぶせているから 誤解がおこる。 ストレートに違いに怒り合う、 そんな関係が本当は最高だな。

ストーリーと真実の違い2)

ストーリーと真実の違い 1からの続きです。 実際、ストーリーと真実がどう違うかというと、、、 昔私はとある有名新聞社の駐在の方から車を買った。 「記者さんってすごいですね、いろんなことをいろんな方向から勉強してないと公平に書けないですよね」と言ったら 「いや、ニュースって言うのはピンポイントなんですよ。全部わかろうなんてできないから。でも嘘書いちゃいけないんです。だから政治的な事や災害があっても、それら全体をつかむ必要はない。それより、焼けたアルバムを前に泣いている人とか、そういうのを取材するんですよ」 焼けたアルバムを切なそうに見る人。 涙を誘う。 これがストーリーだ。 ストーリーは美しいし、 ストーリーを否定するつもりは全くない。 だけど、 それが全体像だと見間違ってはいけない。 ストーリーには論理も俯瞰も何も必要はない。 だけど、真実は俯瞰して、大きな視点でみないと見えて来ない。 ここを混同せずに 見分けられると 翻弄されなくなる。 ストーリーに「のみ」翻弄されるのは 心理的に言うと 「幼い自我(もしくはインナーチャイルド)」のなせる技。 成長したセルフとして考えた場合、 ストーリーは大概、 ノスタルジックで大事だったオモチャとして 扱えるようになる。

ストーリーと真実の違い 1)

「あんたんとこはいいわよ、でもウチは違うの。ウチは特別だから」 いや、どこも特別ではなく 同時に どこも特別だ。 お役目が大きかろうと お役目が小さかろうと 真実は基本的に一つ。 みな生まれて、みな死ぬ。 これは公平だ。 その中の流れがそれぞれに違うけど 流れをどう感じるかは感じる本人の自由。 できるだけドラマチックに できるだけかわいそうな自分を演じたい人と そういうことを全部俯瞰して見てる人と どちらが悪いではない。 どちらも正しい。 ただ 全てはストーリーだ。 ストーリーはストーリーであって 普遍的な真実(とてもコアな)に ストーリーをもってくるからややこしくなる。 ストーリーは重要だけども ストーリーは振り回されやすい。 メロドラマみてると、 ああ、これやんなきゃ、何も起こらないのにな、 というところばかりがドラマになるよね。 つづく

キキの宇宙

FBにあげましたが、こちらに記録のために。。。 私自身のための投稿です。しかも長いです。 もし読んでくださる方、ご容赦を。 KIKI, I LOVE YOU FOREVER。。。 私の大切な娘(犬)キキ、ロサンゼルス時間の火曜の夜、見事に14年の命を、私たちの腕の中で全うしました。こんな美しい死に様は見たことがない。 2月の中旬に少しひきつけを起こしたのでお医者さんに連れていったらガンだと診断。そこからは日に日に弱っていき、お散歩は急遽カートを買ってそれで連れていっていました。最後のオムツ生活の寝たきりは一週間。でも、なくなる数日前まで元気にしていました。 なくなる2日前にガレージの私たちの車の上に鳥が入ってきて止まった。スティーブが亡くなった時も同じように家に鳥が入って来た。鳥は大切な存在をなくす時に知らせにくるといいます。 鳥に「出て行っていいんだよ、まだ来なくていいんだよ」と告げたものの、全く鳥が動かないので、ちょっと早すぎるんじゃない?と思いましたが、キキの状態を見ていると、体は終わってるな、と思ったし、これ以上介護が続くと私もトムも参ってしまいそうだとも思ったり。 なくなる前夜、鼻からの流血と、激しいひきつけを4回ほど起こしましたが、抱きしめて「大丈夫だよ、息をして」と言うとちゃんと一緒に呼吸をしました。 私の言うことは全てわかるので、リーシュもいらなかったし、日本語でも英語でも通じました。 なくなる日、5リズムのジョナサンのオンラインクラスに出ました。もう長くないことがわかったので、オムツのキキの横でクラスをとり、キキのエネルギーとのラス

丹田の中のブラックホール

今ここ。 今、ここ も 曖昧な言葉だ。 今、ここ、ほら、ここ。 まるで蝶々みたいに刹那にヒラヒラする今ここも たしかに 今 ここ。 全くグラウンディングしてない。 5リズム的に見ると、 それは 限りなくリリカルのシャドウ。 「注意散漫」 私の思う「今ここ」は、 丹田の中のブラックホール。 虚無の闇。Vast Stillnessの からっぽの宇宙に いつも意識を置く事。 私にとってのメインはこっちの 丹田の中のブラックホールにいる今ここ。 だけど生きていく上で 今、何食べよかな、これにしよかな、 あ、やっぱりこれ!と 随時、瞬間瞬間に物を選んでいく 表層的な今ここと デュアル(二重)で存在している。 全てはデュアルだ。 陰と陽 光と陰 裏と表

人のために

人のために、何かをする。 人の役にたつために、何かをする。 私、コレ、徹底的にカスってる。 結局、それで教えられたことは 「おめー、人のためと言う”すり替え”の前に、 自分の事をやれ。 自分のために何もしてないじゃねーか」 ということだった。 「自分を忘れて人に尽くす」ことが美徳で それをちゃんとできて体も壊さない人は、 きっと知らないところでとても自分を愛せているはずだ。 マザーテレサが言った 「私は神に愛されているから大丈夫」 すげえ、気合い入った女子!!さすがテレサ姐さん! その神は自分のことだもんね。 それが確固たる自信だと思う。 これがあるとブレないけど、 ブレる人は大概、神を恨んでる。 自分に自信がない時 誰かを助けることで自分の存在価値を認める。 愛されるために、認められるために 何かを成し遂げようとしたり、誰かに尽くす。 これは深層心理としてはすり替えだ。 それはとても美しく聞こえるが、 心理セラピーによると、癒されていない幼いセルフのなせる技だ。 そういう人は、 他のためにものすごく働くけど、 自分のために何かやることはこそばゆかったりする。 「人のためにすることが大好き」な人は 自分の満足のためだ、って知ってる。 だからストレスをためない。 人のため、は外。他人軸。 自分が「好きでやってる」のが中。自分軸。 自分が好きで尽くしてるくせに 捨てられたときに「あんなにしてあげたのに」って人はすり替える。 あ、ちょっと話が脱線した。(笑

Bigger Picture

ポジティブに見るとかじゃなくて 単に大きな視点で観る。 大きな絵を観る。 英語で言うと、そのまんまだけど Bigger Picture(大きな絵)をみる。 たとえばナスカの地上絵をそのまんま地上で見たら、 多分デコボコの轍(わだち)なのだと思う。 だけど、空から見たら、 あら、鳥の絵だったのね、ってわかる。 そんな感覚。 だから、ポジティブなだけじゃ足りないんだな。 ポジとかネガとか言ってること自体が そもそも小さい視点だから。 Bigger Pictureを観る。 視点を変える。 観る場所をシフトする。 そういうこと。 すると もっと大きい手放しと もっと大きい満足がある。

祈りが効く理由は?

今、自分の呼吸を聞いて、感じていると 私の意識は、いまここにいる。 今、今晩のごはん、何にしようかなと思うと 私の意識は、少し先の未来にいる。 今、小学校の時の同級生との楽しかったことを思い出すと 私の意識は、過去にいる。 意識は、移動可能。 だから、あなたが誰かのことを思う時、 あなたの意識はそこへ飛ぶ。 だから祈りが届くのだ。 ニュートラルな意識は 絶えず、自分の中の宇宙に 在りたいものだ。 〜〜〜〜〜〜 「お家de5リズム」 日本時間、日曜日、朝10時半 初めての方は朝10時から説明します。 ズームにて、どなたでもお家から5リズムを受けられます。 ドネーション制。 お申込みはこちらから。 www.masayodance.com

輪廻転生?

ケイトの言葉より 今ここにいるということは、全てのポータルが目覚めている、ってこと。 (いわゆる思考だけではなく) 動物として、体の全てのパートがスイッチオンになっており 文字通り体全体で感じられるということ。 人は体の中に存在することをすごく恐れている。 特にニューエイジの人たちの中では次に生まれ変わったらどうの、って逃げに使うことがあるんだけど、ガブリエルが言った言葉を思い出すわ。 「輪廻転生ってヤツが大きな冗談だったらメチャ受けるわよね」 これを聞いた時、ショックだったけど、ああ、なるほど!って思った。 そう。「今この瞬間」が、自分の体にあるのみ。 だって未来や過去や、本当のところなんて誰にもわからないんだから。 * * * * * 思い起こせばバシャールの個人セッションに 人をお連れした時のこと。 あのバシャールでさえそう言った。 しかも10年も前に! 「私の過去世はなんでしょう?」 という質問をした方に 「なぜそれを知りたいのですか? 今ここにいることしか大切じゃないんですよ」 そう、生きているということは、 体を使った経験をする(Body experience)ということだ。 ======== コロナでなるべく出ないほうがいい期間、 ズームクラスやってます。 お申込み制&ドネーション制です。 https://creativerain.wixsite.com/masayodance/copy-of-home-5

カラダを信じる

春分が終わって、エネルギーがうんとまた変わって、と、 確かに春分は大きな変革の間にあったと思う。 コロナも真っ最中だし。 そこで、 春分を境目にかどうかはわからないけど 一つわかったことがあった。 どんなにいいことを聞いたって 自分に響かないモノがある。 それを 「自分はそんな状況じゃダメだ。よくならなきゃ!」 って思う必要がゼロだってこと。 なぜなら、 自分に戻ることのほうが大切だからだ。 極悪なら極悪で 邪悪なら邪悪で 優柔不断なら優柔不断で 愛に溢れるなら愛に溢れるで そんな自分に責任を持つのだ。 なぜそんなことを思ったかというと とあるオンラインのイベントに参加したが 全く響かなかった。 そして、カラダが反応しなかった。 ついていかなかったばかりか カラダが嫌だといった。 ちょっと待てよ。 私は2020年、1月1日から、毎日踊ってる。 真剣に踊り始めて12年。 週に3回以上踊り始めて10年。 毎日踊り始めて95日。 ビルトアップする方法ではなく 体をこれくらい動かしている(シェイクしている)と 本能のようなものに限りなく近づく。 体と自分のマインドは一致している。 そんな自分のカラダを信じないで 何を信じるのだろう? 誰が何と言ったって 私がイイと思うものは私にはイイのだ。 私にとって私が嫌だと思うものは嫌なのだ。 それは私が正しいのではなく 誰が正しいのではなく 私にとっての私の正解なのだ。 それを確固たるものにするのが 自分になる、ということなんじゃないかな、と思う。 ========= 日本時間、日曜日の朝10時半から、 お家で踊る、「お家de5リズム」ズームクラ

大発見!!

自分でしか自分を癒せない。 コロナが教えようとしていることは、 最終的に自分しか自分を癒せない、 だから外界をシャットアウトして テメエをしっかり癒せ、という 「自分WHOLE論」の極みなんじゃないかと閃いた一昨日。 自分WHOLE論とは? 「全ては自分の中にある」などというスピ的な言い方があるが いまいちピンと来なかった。 外の世界が自分の鏡、までは5リズムでもずっと教えられてるから ある程度はわかっていたように自負する。 が、 自分だけに向かいあい、自分を癒せば、自分の世界(外界)は癒される。 は、 頭では理解していても、いまいちハラに落ちないというか、ピンと来ていなかった。 綺麗事じゃんねー?だって助けて欲しい人が目の前にいるのに自分を優先するような感覚がして、責任を果たさず自己中的な、そんな感覚がしていたし、それってマスターベーション(おセンズリ)なだけじゃん?と思っていた。 が、ちょっとまて。 これはかなりメディカルと同じ論理かもしれない。 エイズも、エイズ菌でしか治らないのだそうだ。 UCLAのエイズ研究の教授がそう言っていた。 インフルエンザのウィルスも、インフルエンザが治すんだよね? ワクチンってそういうことだよね? これ、自分菌というワクチンが自分を癒すってコトだよね? 自浄作用。 そう。 アメリカでのコロナのロックアウト中、 自分が天から受け取ったぶんの 自分という人間の分担を 完全に受け持つ。 徹底的に自分に向き合って 自分が自分を満たし、癒す。 自分を完全に癒してから 社会に還元する。 これ、かなり強烈な、国を挙げたヒーリングだ。 これ、かなり強烈な、自

おすすめの投稿
最近の投稿
Archiveアーカイブ
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square