直そうとしたがる

人は、

直そうとしたがる。

「人は直そうとしたがる生き物だ」

 ー ガブリエル・ロス

私もそうだ。

本当は直す必要なんてないのにね。

よくなろうとするんだ。

さらに

第二ステップとして

直す時、

よくなろうとするとき、

ちゃんと「自分は」直せているか?

ちゃんと「自分は」いい仕事できてるか?

そこにフォーカスが行く。

すると、

そもそも必要のない

「直そうとしていること」から

さらに必要のない

「ちゃんとできてるか」へと、

もともとの目的がズレる。

チャゲアスの飛鳥涼さんの歌

「はじまりはいつも雨」で

「ぼくはちゃんと君を愛してるかい?愛せてるかい?」

ってあるけど、

その時点ですでに

彼女のことを愛するより

自分への評価が一番に来るてコト、

これ、けっこう自己中。

自己中だけど他人軸。

誰もいままで飛鳥涼さんに指摘して来なかったのが不思議だ。

今的に言うと

そう言う承認欲求はおいといて、

ただ愛せばいいのにね。

「ちゃんと愛してるボク」

に焦点があたるからヤヤこしい。

直す、も そう。

もともとの目的から

ちゃんと自分はできているか、

に、行きがち。

おもしろい心理の二重構造だね。 

あ、でも私、この曲は好き 笑

======

オンラインで5リズムのクラスあります。

どこからでも、お家から、お庭から、公園から、

ネットさえつながれば参加できます。

ドネーション制です。

詳細は

ww.masayodance.com

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square