ダンスフロアは比喩である


なぜ踊るか?という理由の一つに、「ダンスフロアを比喩として、日常の問題をダンスフロアの上で向き合う」があります。

私にはこれが大きいな。

ガブリエルロスも言いました。

「問題がある?それはラッキーよ!それをダンスにしなさい!」

この理由で「問題がある時しか来ない人」も、もちろんいらっしゃるんですが(笑)

もったいない。

何もないと思ってる時にこそ自分の「真の」「芯の」パターンが出てくるので、ね。

さて、問題があろうとなかろうと、

「フローイングはいいけど、スタッカートが苦手」

「リリカル嫌い」

「カオスなんてなければいいのに」

という、好みの問題があります。

好きも嫌いも、本来全部世の中にあるもの。

苦手っていうのは、見たくないもの、もっていたくないものが自分の中にあるから。

それを外は投影して見せているだけ。

ということは、そのエネルギーにうまく折り合えるようになったら

きっと見る世界(世の中、外の世界)も変わりますよね。

ではまず、その苦手なところを見る。

なぜ?どんなところが苦手?

そこをダンスで修正、または慣れる。

またはうまく立ち回る方法を探す。

体感型。

体と脳とハートは繋がってる。

明日は、ダンスフロアーは比喩である、の

実際の例をご紹介します。

ではまた。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square