私達それぞれがコミュニティを持っている

ライザがディレクターをするキッズ・ミュージカルを撮影しはじめてもう10年以上経つ。

ライザはブレない。彼女を見ていると、リーダーシップとは何かがとてもクリアだ。

謝る時はキッズにも謝る。

それは3月11日のことだった。

コロナの影響で、アメリカの学校が閉鎖を始めた頃。

学校が閉鎖になってるのだから、ミュージカルなんてやるワケないと思っていたのでテキストをしたら「とにかく撮影に来て」と言われた。

始まる前にキッズを集めてライザがこう言った。

「今からとても大切なことを言います。コロナの影響で、お芝居は8回のところ、2回だけやることになりました」

ええええええええ!!!!!と、キッズは大騒ぎ。

「わかってるわ。わかってる。どれくらいあなたたちが練習してきたか、よくわかってる。だけどね、この時期、今この時期に2回やれるだけでも奇跡なのよ」

「ライザ、私たちは大丈夫よ。全然具合悪くないし、家族も誰もかかってない。どうして休まなくちゃいけないの?」

ライザは、大きな声で「静かに!」と皆をしずめたあと、こう言った。

「いいこと?私には私のコミュニティがある。あなたたちは私の大切なコミュニティ。そして私にはあなたたちの他にも、友達とか、近所とか、ここ以外のコミュニティがある。私には家族がいる。私の家族にもそれぞれ、コミュニティがある。あなたにもあなたのクラスメイトとか、近所の友達とか、コミュニティがある、家族もある。あなたのパパやママ、兄弟も、それぞれがそれぞれのコミュニティを持った集合体なのよ。どこかで誰か一人でも風邪をひいたりコロナになると、あなたはキャリアとなり、違うコミュニティに運ぶことになるの。

私たちは自分たちのコミュニティを守る責任があるわよね?

だから、こういうことはあなた一人の問題でも、私ひとりの問題でもないの。社会に生きる大人として考えてみて。

あなたがこのミュージカルの中で大人の役をするでしょう?その大人として、考えてみてちょうだい。」

もう、シビれまくった。

ライザはリーダーだな。本当に。

私はいろんなところでいろんな人から学んでいる。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square