Light & Shadow 的「そのままでいい」

そのままでいいんだよ

ジャッジしないでいいんだよ

よく言われますね。

よく聞きますね。

大好きな言葉であり、

一番「ケッ!」と思う言葉でもあります。(笑)

それは、扱い方がビミョーだからです。

そのままでいい、とか

いろいろあるよね、とか

いろんな人がいていいんじゃない?とか

聞くたびに カチン、ってするんですよ、実は(笑)

堪え性がナイもんで。。。

「このままでいい」を正当防衛に使わない

と、友人のご主人のメルマガに書いてありましたが

まさに!!ウマい!

そのままでいい、が、

できないことへの開き直りになったり、

わかんないから判別やめとこう(=無視)、にならないように。

嫌なところから目をそむけないで認めて、

そんな自分を恥ずかしくなく愛し、

世の中にさらけ出す勇気を持ち、その上で、

そのままでいい、ということ。

ここがダメだから生きてる資格がない、と自分を蔑んだり

ダメを直さないと愛されないとか、そういうことではなく、

自分の嫌なところも愛する。

いや、むしろ、嫌なところこそ愛する。

これ、すごい難しい。

これ、すごい怖い。

これ、すごい勇気がいる。

そこをわかった上での「このままでいい」でありますように。

だって、嫌なところって、無視できないんだもん。

逃げれば逃げるほど、何度でも出てくる。

いつも嫌なところにぶつかって、そこと向き合って

そこを愛するんだよ?

ちょー大変なんだから。

「別にいいんじゃない?」的にハスにかまえて愛せるようなモンじゃないと思う。

ここの部分を、今回の東京でのライトアンドシャドウでは踊ったつもりです。

直すことなく嫌な場所を見て、そこに寄り添ってあげる。

ここを心底愛せたら、怖いモンはない。 これこそが「そのままでいい」です。 

このままでいい!は、とても勇気のいることだ。 

私はそう思っています

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square