体のサインを知る


体に障害があったり、トラウマがあると

体の中が安全な場所ではなくなる。

過度に疲れていてもそうなる。

ボーーっとしているとき、

前のめりでつま先で歩いているような状態になる感覚。

これも一つのサイン。

肩が前に落ちて首も前に落ちて、

ハートを守っている状態。

これも一つのサイン。

体の感覚が鈍い。

何かを踏んでも気づかない。

これも一つのサイン。

これらは気づくと痛すぎるから。

だから体の中にいない。