大発見!!


自分でしか自分を癒せない。

コロナが教えようとしていることは、

最終的に自分しか自分を癒せない、

だから外界をシャットアウトして

テメエをしっかり癒せ、という

「自分WHOLE論」の極みなんじゃないかと閃いた一昨日。

自分WHOLE論とは?

「全ては自分の中にある」などというスピ的な言い方があるが

いまいちピンと来なかった。

外の世界が自分の鏡、までは5リズムでもずっと教えられてるから

ある程度はわかっていたように自負する。

が、

自分だけに向かいあい、自分を癒せば、自分の世界(外界)は癒される。

は、

頭では理解していても、いまいちハラに落ちないというか、ピンと来ていなかった。

綺麗事じゃんねー?だって助けて欲しい人が目の前にいるのに自分を優先するような感覚がして、責任を果たさず自己中的な、そんな感覚がしていたし、それってマスターベーション(おセンズリ)なだけじゃん?と思っていた。

が、ちょっとまて。

これはかなりメディカルと同じ論理かもしれない。

エイズも、エイズ菌でしか治らないのだそうだ。

UCLAのエイズ研究の教授がそう言っていた。

インフルエンザのウィルスも、インフルエンザが治すんだよね?

ワクチンってそういうことだよね?

これ、自分菌というワクチンが自分を癒すってコトだよね?

自浄作用。

そう。

アメリカでのコロナのロックアウト中、

自分が天から受け取ったぶんの

自分という人間の分担を

完全に受け持つ。

徹底的に自分に向き合って

自分が自分を満たし、癒す。

自分を完全に癒してから

社会に還元する。

これ、かなり強烈な、国を挙げたヒーリングだ。

これ、かなり強烈な、自立促進剤だ。 

誰かに頼むのではなく

自分が自分で受け持つ。

誰も彼も。

他人に治してもらうんじゃない。

自分が自分で治す。

人に遷して治すんじゃない。

自分がしっかり治ってから人に会う。

外との繋がりを否応無しに断ち切らされている。

この意味は何だろう?

自分という世界を満たす。

地球の自浄作用はハンパない。

人間の自浄作用もハンパない。

これをして、

成熟した自己ができて

健康な自己ができて

自立した自己ができる。

それを社会に差し出すのだ。

出直す。

それぞれの自分という地球の細胞たちが

本当の意味で自立して元気にならないと

地球が癒えない。

だから、

余計な「外」を入れず、

お家にこもって自分の最小単位と向き合う。

お家にこもって自分に向き合う。

全員が自分という分担をしっかりと満たしたら

コロナは消えていくのではないかな。

自分というワクチンが自分を癒す。

私はそう思う。

ということを発見し、

これは大発見だ!と思った。

この発見は、

踊った直後に来た。

ま、たわごとかもしれないんですけどね、

私にとってはこれが真実なんですわ。

みなさんはどう思う?

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square