いくつからでも遅くはない

私が5リズムに出会ったのは48歳の時。今から11〜12年前。

あまりに衝撃的で、即座にティチャーになると決めた。

父に話した。11〜12年前父はまだ80歳になる前だった。

父はこう言った。

「ワシが社交ダンスをはじめたのは60歳の時や。

今もうすぐ80やさかい、かれこれキャリア20年や。

いくつになっても遅うなんかない。やりたいことやったらええ」

私は2014年にティーチャーになって、2020年の今、6年目を迎えた。

10年たって、ようやくわかりはじめ、そこから味が出始めるから、

とにかく辞めずに続けるのよ、マサヨ!

と、私のメンター、ケイトシエラは言う。

えー、じゃあ私がわかりはじめて味が出るころ、私は70近いじゃん!

さて、前出の父はまだ社交ダンスをしている。今年90歳になる。

キャリア30年の父は、このコロナの最中、ダンスのクラスが中止になっていることだけが不満だと言う。

私が踊るのは、

自分の本能に繋がるために踊る。

ただの管になるために

からっぽになるために

動物として笑い、泣き、怒るために踊る。

いつからでも遅くない。

今だ!と思った時が、その人の今だ。

本能は「もう歳だから」とは思わないモノだ。

Thanks for submitting!

Featured Posts