恐怖って?


ちょっとワケあって

私にとって恐怖とは何だろうか?

を、けっこう徹底的に探してみる機会がありました。

すると、

怖いものとは、

「もしかしたら、こうやったら、こうなるんじゃないか?」

という想像力でアタマが膨らんでいるとき。

怖い瞬間へ行くまでの間のほうが怖い。

いわゆるマインドの仕業でした。

といっても、私個人の感じ方だから

みなさんは違うかもしれません。

テキトーに軽く流してください。

実際、怖さに向かってみようかな、と

バンジージャンプでもしようか、と思ったけど

とても安全だそうなそうなのと、

もし、多くの参加者と楽しそうに、

イエイー!!とか言いながらピースでもしてジャンプしたら

そんなに恐怖でもないなあ、とか。

もちろん、エンタメ的に「きゃあ〜〜、こわい〜〜!」とかいうと思いますが

案外、その怖さに向かうことを楽しんでいて、

それよりも、子供の頃に夜中に見た天井の木目が動くほうが怖い。

ようはどちらも想像の産物。

実際にカナダの吊り橋でひょえー、と思ったけど

首の付け根から不思議な液体が出るような感覚(アドレナリンだと思いますが)があったけど、行くことは行けた。思うよりやったほうがマシだった。(案ずるより産むが易し)

ヘリコプターも、撮影の時に乗ったけど、

カメラを持っていると何も怖くない。

いい絵だな、もっとダイナミックな旋回してくれてもいいのにと思ったけど

実際に同乗してる人は怖かったらしい。

別に強さをアピールしてるのではなく、カメラというツールが恐怖を消す。

だけど、カメラ一つで変わる脳なら、

恐れないことも選択出来るな、と。

人に攻撃されるのは怖い。

肉体的であろうが、精神的であろうが。 

精神的なことの恐れは少し減ったかもしれません。

なぜなら、意見は10人10色で、

全員から好かれることは無理だとわかったから。

肉体的に攻撃されるのはもちろん怖いと思います。

でも、

それは、ああ!くる!もうすぐやられる!もうすぐ!という瞬間のほうが

実際にやられるより時より怖いかもしれない。

(実際に経験がないのでわかりませんが、、、)

だから、ロシアンルーレットとか、そういうのは確かに怖いけど

弱虫なので、それを試してみようとは思いません。

私はトライポフォビア(集団のボツボツ、ブツブツが嫌だ)系なので、

これに立ち向かってみよう、と

プリントアウトしてお風呂場に貼って、入ってみた。

なるほど、気持ち悪かったけど、

それでも貼ってる時のほうが気持ち悪かった。

貼ってる時の気持ちは、好きじゃないパビリオンで働いてるお仕事気分。

多分、恐怖とは、

それを「思う think」時に感じることで

それを「する do」のとは別な感覚なのかもしれない。

天変地異は怖い。

だけど、ようは、怖いと思うのは、何が起こるかわからないから。

わかったら対処のしようがあるもの。

怖いというのは

「未知のもの(ことがら)に対して」 思うのだと思います。

どうなるんだろう?と自分が制御できないことがやってくる!

と思う、その気持ちが怖いんじゃないか、と。

みなさんはいかがでしょうか?

怖いと思うことへの二次災害だけ避けられたらなと思います。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square