コンパッションとは? 3


ガブリエルからの平手打ちは衝撃だった。

が、「やめろ」と言われて火がつくドSな私は

絶対に認めさせてやる!くらいに思ってしまい、

そこからまた5リズムを追いかけ、アメリカ中を駆け巡るのだった。

そして、2013年、エサレンでのガブリエルのワークショップ「メディスンダンス」

折しもガブリエルはガンで余命いくばくもない、ということで、

夏の10日間ワークショップはガブリエルがキャンセルし、

その後、ガブリエルの最後のワークショップになるかもしれないと言われたエサレンのワークショップではものすごい倍率で、発売になるその当時でキャンセル待ちだったのだが、なんとラッキーにも入れた。

ガブリエルの人生最後のワークショップに参加できたことは私の最高の宝物となった。

世界中から実にたくさんのティーチャーたちも参加していた。

私は恥ずかしいけれども、ガブリエルに言われたことをティーチャーの先輩に話した。

するとティーチャーたちは大笑いして

「Sounds like Gabrielle!(まさにガブリエルっぽい!)」

あなた、そのエピソードは宝よ。

ガブリエルは時々そうやって平手打ちをするの。

なぜなら、ガブリエルは完全なミラーだからよ。

エゴを完全に投影する。

と言った。

***

ところでこのワークショップ中、 

「ガブリエルの体調は思わしくないので、

 決して彼女を追いかけて話しかけたり、ハグを要請したりしないように」

と告げられていた。

とある日の午後、

ひろーいロッジのカフェで、あちらからたった1人で歩いてくる女性がいた。

ガ、ガブリエル。。。

なぜか1人だった。

こちらからは私のみ。

すれ違うときに話さないのも変だ。。。

でも、話しかけるな、って言われてるし。。。

じゃあ、見なかったことにして回れ右して元に戻ろうか。。。

いや、ソレは不自然だ。

私は取り繕うことばかりを考えていたが、

そうこうしているうちに距離が近づいてきた。

来た。

来た。。。

とにかく、挨拶しとこ。

「ハイ、ガブリエル。」

彼女は止まって私を見た。

なんて言えばいいだろう?

とにかく、話しかけたらいけないけど、何か言わないと。。。

心の中には感謝しかなかった。

こんな素敵なメソッドを作ってくれてありがとう、って言おうと思ったけど、

5リズムは、私にはメソッドというにはもっと違う何かだったので

なんと言っていいかわからず、自分のコトバを探していた。

「ガブリエル、5リズムを作ってくれてありがとう。」

それしか言えなかった。

彼女は止まって、上から下まで私を見てから

少し微笑んでゆっくりとまばたきを

「どういたしまして」

と言った。

数年前の、「いらないわ」の平手打ちが

すーーっと溶けていった気がした。

==================

2月、日本でのクラスとワークショップ

==================

東京と関西でワークショップとクラスをします。 ワークショップは東京と関西ともに2デイズです。自分の体と向き合う二日間、心からホールドさせていただきます。 大阪クラスも含め、ぜひ、いらしてくださいね。

日本でお会いしましょう!

大阪生クラス 2/7(金)  

 通常毎月第四土曜日スカイプの振替生クラスです。 

FB イベントページ こちらから >>>

ダイレクトにお申し込みはこちらから>>>

神戸2デイズ 2/8、2/9(土日) 

 テーマ: チェンジ 

詳細、お問い合わせ、お申し込みは こちらから >>>

東京2デイズ 2/15、2/16(土日) 

 テーマ: ライトアンドシャドウ 

詳細、お申し込みはこちらから

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square