ホリデーメニュー、西洋飯が美味し!

サンクスギビングを挟んだ1週間は、5リズムのティーチャーのためのワークショップへ、サンフランシスコ北、ソノマ・カウンティ、ウエスターベーク・リトリートセンターに行っていた。

ここのごはんは、ありえないくらいに美味しくて、思わず家に帰ってからコピーして作っている。

アメリカ人の言い方だと「Crazy yummy!(狂ったようにウマい = バカうま)」

そもそも、私がはじめて来た20年前のロサンゼルスは、食が乏しいと思った。

どれもこれも味が不確かで、繊細な舌がないのだろうと思っていた。

ところが、訓練されていなかっただけで、ここのところ10年、急激にお寿司だって美味しくなってきてるし、今やイタリア料理の隠し味に醤油は当たり前だし(日本人だってオリーブオイル使うしね?)

最近は大根だって普通のスーパーで売るようになってきたし、柿なんて一昔前は木に成っていてもスーパーで見るもんではなかったが、最近では「FUYU persimmon」として、しっかりいい値段で売ってるしね。

そんな中、ひさしぶりにマジでそのバランスがよく、美味しかったのが、このウエスターベークのリトリートセンターだったのだ。

最初に「ベジタリアン、ビーガン、グルテンフリー」など聞かれ、それらの状態をいい塩梅にして出してくれている。(もちろん表記つきで)

特に、庭にあるレモン、りんご、ざくろ、柿などのフルーツをふんだんに使ってサラダを作ったりデザートを作ったり。。。

バッフェ方式で、皆、取りに行くんだけど、