一つに偏らずに

5リズム一辺倒に偏っている私が言うのもナンだけど、

ものごとは一つに偏らないで、あらゆる方向からバランスを取って行く必要があると思う。

たとえば、運動ひとつにしても

< 筋トレ >

ウエイトトレーニングだけやってる人はその筋肉しか動かないし、

作り上げるほうばっかりで、伸ばしてなかったり。。。

< ストレッチ >

伸ばすばっかりで筋肉が作り上がってないと痛めてしまう、

多くのヨガティーチャーでこれを見て来たような気もする。

そういう意味でいえば、ふにゃふにゃな動きとか

振り払う動きがどちらにもない。

そこで

< シェイク >

特に体が動きたいように動くコンシャスダンス(5リズムなど)は

体を制御せず、振り落としていく動きが多い。

5リズムでは特にカオス。

また、別なエクササイズでいうと、名古屋の梅ちゃんがやっているTREなど。

これら3つをバランスよくやったら、体的には嬉しいんじゃないかな、と。

結局、世の中の運動と言われているものに

「シェイク」が足りない。振り落としが足りてない。

そして

< それぞれに、陰と陽がある >

最近は、筋トレが足りないなーと思っていたので、

でも、女性だから、筋トレ筋トレするのより、もっとコアのみを鍛えたいな、と

コアマッスルにものすごく響くファウンデーション・トレーニングってやつを毎週日曜の朝、受けているのだが、

これも、

男性的なアプローチと

女性的なアプローチがある事を知る。

同じコアマッスルを鍛えるのにも、私はファンデーショントレーニング(静かだが男性的、外側から脳を刺激するアプローチ)と365ファンクショナルムーブメント(女性的、内側のアプローチ) という、筋膜系アプローチの両方を受けている。

同じハタヨガから出たものにも、

ヨガにもホットヨガ(ビクラム系)、パワービンヤサ系と、

陰ヨガがあるし、、、

そしてそれら一つ一つに、

加えていくのが

意識

アレクサンダーテクニックとか、体と意識の繋げ方を学ぶ。

(27日、いつこ先生がクラスをしてくれるよ!

5リズムなどを包括する 「コンシャスダンス」という名前は

まさに、意識とともに動き、意識を開いていくダンスだからだと思う。

そして、外からのアプローチ(身体的、外的要素から鍛えていくもの)と、内側からのアプローチ(想像力を使って、内側からイメージしていくもの)両方が必要。

どれも、どちらかだけが正しいわけじゃない。

「動き」ムーブメントもまた、立体マンダラ (写真参照)なんだな、と思う今日このごろ。

そして、カラダバカ、もしくは成功バカ(面白いことに成功バカにコアマッスルトレーニングフェチが多い。これはまた書きます)になるのではなく、心も。これも内と外、双方だね。

(写真:愛しきウチコチファミリーがどっぷり絡むミラーボーラーより)

わかる人にだけわかるブログで失礼。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square