小田島先生の中の真実


マッサージの小田島先生は、ロス在住35年。

リトル大阪の異名をとるソーテルの、「ソーテル日本学院」の教室を借りて

月曜と金曜、根性で30年、オレンジカウンティから一回も休まずに来てる。

70才には見えないトレーニングされた体の、ひょろ〜〜んとした元業界人。

「オレね、意地でマッサージやってんの。だから、値段どーでもいいんだよ。」

と、いまどきチャイニーズのフットマッサージより安い金額でやってくれちゃう。

で、ウマいんだ、コレが。さすが35年。

「最近さ、ほんっと思うんだけどさ、

 人生なんて、外じゃねえんだな。自分とどう折り合いつけるか、だ。

 それがわかりゃ、もう卒業なんじゃねえの?

 それを学ぶ為に来てるんだよな」

「うん、先生、5リズムってさ、それを学ぶツールなんだよ。」と私。

「そっか。そりゃいいツールだな」と揉み続ける。

「結局さ、自分に責任持って、

 自分としっかり向きあうしかないと思うの。

 いい人間じゃなくてもいいからさ、

 外追いかけるんじゃなくて、自分と向き合う。

 それやんないとさ、全部人のせいになっちゃうじゃない?」

「そう!そこ!てめえの責任とれないヤツは、ぜーーんぶ周りのせいにしちまうんだ。本当は何が起ころうと、どう自分と折り合いつけるか、っつーことだけなんだよな」

しばらくそんな難しい話をしてたかと思うと

急に大好きな車のハナシになる。

「昨日考えてたんだけどさ、昔はアメ車とか、イタリア車ってカッコよかったんだよ。だけど、今、どれもこれも同じでさ、なんでかな、ってずーーーっと真剣に考えてたんだよ。そしたら一つ、わかったことがあるんだけど、聞くかい?

車ってさ、四輪がエンジンで走る限り、どうがんばったって形態はもう変わんないんだ。だってデザインがソレで限定されちゃうもんな。ってことは、かっこよかったり、新しいデザインにしようと思ったら、輪っかとエンジンで走るんじゃなくて、、、ってトコから始めねえとダメなんだよな」

とか。

中でも名言中の名言は、、、

「世の中の男には二種類しかいない。

 男がすきなオカマか、

 女が好きなオカマか、この二つだ。

 基本、男なんてみんなオカマなんだ」 

これをオカマのミチくんに演説ぶってたのを見たときは爆笑した。

バシャールも、エクハルトトールも、ディーパックチョプラもいいけどさ、

こういうおっちゃんの中に、真実がある気がしてならない。

「おい、マサヨ〜、クラスのハガキ持ってきな。

 こういう考え方すんのに必要なメソッドなんだろ?

 みんな踊るようになるといいな。

 ハガキ、うちに来る人たちに配るよ」

先生、ありがとう。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square