老人のチカラを侮るなかれ

今日はロスに戻ってきた友達が遊びにきて、老人ホームでボランティアしたいんだよね、という話をしていった。

私はしばらくの間、ロサンゼルスの老人ホーム、KEIRO(通称敬老ホーム)で5リズム(当時敬老ホームではリズム体操と呼ばれていた)クラスを持っていた。

老人と子供と障害のある方は、独自のリズムを持っており、ある意味自分勝手で、これらの施設で教えていたガブリエルロスは、全く思い通りに動いてくれない彼らの事を「私の最初の禅のマスター」だと言っていたのがよくわかる。

さて、老人について。

老人は世間から老人として扱われるから老人なわけで、

彼女、彼らは、子供の時の延長上にいる。

多分、昨日と20代の時との境目はあんまりないんだろうし、

つまんなかったことは2年前でも大昔に感じ、

楽しかったことは50年前でも昨日のように覚えているものだ。

そして、彼らの身体能力だって、本来はハンパない。

老人だからこれだけ、と周りが決めているから、

なんとなくそうなっているだけで、

さあ、動こうね、と言うと、驚くほどに動かれる。

ストレッチャーに乗ったおじいちゃんのカオスは半端なく揺れていたし、

80台以上の車椅子の上で、フローイングでは皆、お尻がぐるんぐるん回った。

また、リリカルでは遠くへ思いを馳せた腕が、体が落ちちゃうのでは?というくらいに伸びた。