体はストーリー・テラー

体は自分の歴史をホールドしている。

それを表現する。ゆるめる。語らせる。

体に喋らせる。

体に怒鳴らせる。

体に泣かせる。

体に悲しみを踊らせる。

体に狂った自分を踊らせる。

ひとつづつ、すみずみから、

体に語らせる。

どんな動き方があって、

どんな「動かなさ」があるのか。

その、どんな動かなさを知ることは強みだ。

動かないそのパートは

何を言いたいのか?

何を語っているのか?

動かない、といっても

体が硬いわけでもない。

ただ、そこで表現をしようとすると

いわゆる過去のトラウマだとか、

積み込んできた歴史が

そこを動かすことをヨシとしない。

たとえばヨガで体が柔らかい人も

動こうとすると、踊ろうとすると動かないことがある。

それは思考の硬さ、マインドの硬さ、フィーリングや心の硬さを反映しているのかもしれない。

その動かなさはどこから来ているのか?

体で探求する。

そして

体に語らせる。

体は、私と言う歴史を背負った

ストーリーテラーである。

=======

Masayo Benoist 5リズムティーチャー

スカイプ、ズームによる個人レッスン(個人セッション)もしています。

(日本時間、火曜〜金曜の朝8時〜午後3時まで、土日の午後2時半〜5時の1時間)

呼吸から動き、全部をみていきます。

お気軽にお問い合わせください。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square