「できる」より大事なこと

毎年、夏はケイトのクラスを代講しているが、その時に若いヨガピープルやエクスタティックダンスの人たちが5リズムにもたくさん来る。

彼らは身体的能力も優れているし、

言えばいろんなことは「できる」

だけど、5リズムは「できる」ことになんの意味もない。

では、なぜ5リズムを踊るのか?

それは

本当の自分の体に気づくため。

社会的なレイヤーをはいで「人間という動物」に戻るため。

本能のままの、直感的な「自分という人間」に。

そして本当の自分を自由にしてあげるため。

自分という生き物に深く、ダイブしていくためのきっかけ。

だから、上手に踊れる必要など1ミリもない。

体を持っているもの、皆、

誰もがダンサーなのだ。

if you have body, you are a dancer! -Gabrielle Roth

==========

私にとっても5リズムは、

踊る瞑想

踊る自己解放

踊る自己探求

いわば、踊りを使って自分を超える、

そんなプラクティスです。

だから、真剣。

ギリギリのエッジを探る作業なのです。

www.masayodance.com

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square