「良くなろう」2

1の追記の意味も込めて、

良くなろうと、治そう、正そう、ということは

対比としてその反対を「イケナイこと」だとしている。

そのまんまの、イケナイ自分を受け入れられない。楽しめない。

良くなること至上主義であるがゆえに、

良くならないと、

「なんで良くならないの?なんで治らないの?」

と自分を(人を)ジャッジしたり、罰を与えたり、もうダメだと思ったりする。

誰がどう言ったって、

怖い(腹がたつ)ときは怖い(腹がたつ)。

一番危険なのは

「怖い(腹がたつ)と思っちゃいけない」と押し殺して 

それを感じないように蓋をするコトだ。

そのうちに「痺れる」

そうするとホントの気持ちがわからなくなる。

岩が落ちてきて「怖い!」と思うのは反応的、本能的感情。

だが不安とは「こわがっちゃいけない」と、恐れに蓋をした時の二次的感情だ。

良くなることを目指せば目指すほど、

良くならないのはイケナイこと。

その良い、悪いの間の距離に、不安が存在し、自己否定が存在する。

あがけばあがくほど、蓋をすればするほど、

蒸気みたいにモヤモヤは上がってくるのだ。 

「はっ、いやな感じが出てきた!これは違う、これはヤバい!」と

「こんなハズじゃなかった。あんなに色々やってるのに!」と。

これが、「良くなろう」とするときのワナなんですと。 

=====

全てはWHOLE! 痺れの奥にあるキモチにダンスでアクセスしましょう!

春(4〜5月)のワークショップ ならびにクラス

ぜひ、ご参加ください!

詳細はこちらから

https://creativerain.wixsite.com/masayodance/2019sp

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square