済州島で光と影と

済州島は「Dance of Shadow」だった。

韓国の人たちは、すっごく素直で、すっごくまっすぐで、すっごく明るくて、おしゃべりが大好きで、すっごく熱い。

その暖かさに泣きそうになる。

自分の状況や自分の影を包み隠さず、話してくれる。

その話が、気負うことなく、競うことなく、装うことなく、本当にストレートで、強くて弱くて、いわゆる英語でいう「Vulnerable」ってヤツで、本当に感動する。

彼らの影は、日本人にも似ていて、

同じアジアの人間として、すごく押さえつけたところもあって、

だけど、被害者意識的にはもっと熱烈で、

だけど、一旦わかると、すっと引いて、

日本人との違いは、

日本人は同じようなものが下にあるのに、

それをツイストさせ「そんなものがないフリ」をする。

かしこぶった自分(私ね)のようだ。

韓国の人たちは、ないフリをしない。

私は、そこに感動をした。

だから、私も、よりまっすぐに向き合った。

牽制球など、一つも投げない。

私も直球で向き合った。

韓国は、自分を大切にして、

自分を温める(子供が生まれてもタケノコみたいに包むし)

この文化のベースにあるものに、私はとても惹かれた。

ドグマ(教義)さえ脱げば、韓国はすごい国になる。

そう言えばロサンゼルスでも、

Kタウンとリトル東京の違いは

気取りなぐったリトル東京は潜んでゆき、

一生懸命、気取らず頑張るKタウンはどんどん発展して行く。

国際的に、そちらの方が通じるわけで。。。

失敗した時、なぜだ!と熱く求める韓国。

失敗した時、感情を隠しサラっと去る、もしくはハラリと悲しむ日本。

私は韓国の人の熱さとストレートさに

ちょっぴり嫉妬した。

=====

済州島では、美味しいご飯を食べ、

炭酸温泉へ入り、

プロデューサーのダンシングサン、テラと涙の別れをした。

Love you guys so much!!!

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square