本能に戻るために踊る

「私たちは、カオスを通し、本能に戻るために踊る」

ガブリエル、そしてジョナサンが言っていた言葉。

ローマのワークショップは感動的に終了した。

この会場のある田舎は、全然ローマとかイタリアへ来た気がしなかった。

この日、私はこの田舎を引き上げ、ローマの街中へ移ることになっていた。

私だけじゃなく、キャトリーヌもライドを必要としていたので、二人で頑張って乗っけてくれる人、探そうね!と。

終わった後、グループ写真を撮って、たまたま隣にいた女の子に私の手が伸びた。

なぜその子だったのかはわからない。ただ、今、聞かなきゃ、と思った。

「ねえ、ローマに住んでるの?」 

「そうよ」

「車で来てるの?」 

「うん」

「どこか近くのメトロまで乗っけてってくれることできる?」

「いいわよ」

そして、私のホテルの場所をいうと、自分の家の近所だったので、そこまで送ってあげるね、と。

一気に肩の荷が下りた。

キャトリーヌは、便乗させてもらって嬉しいわ、と喜んだ。

車の中で話が弾んで行くと、彼女の名前はコジマ(Cosima よくあるイタリア名なのだそうだ)で、日本に小島っていう苗字があるから、その人と結婚したらコジマコジマになるね、と笑った。

生まれもローマなの?と聞くと

「生まれはスイスのチューリッヒよ」

そこでキャトリーヌ、

「オーマイゴッド!私もチューリッヒよ!!!」

そこからキャトリーヌとコジマのそれ以外にも共通項がいっぱい見つかり、驚いた。

「マサヨ、あなた、私の住んでいる場所といい、生まれ故郷といい、小島という名前といい、これらのこと知ってて、私を選んだの?」

「いや、勝手に手が伸びただけなの」

踊り尽くした後の、さすが本能のなせるミラクル!

本能ってすごい、と目の当たりにした1日だった。

写真はコジマのフィアット前で。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square