自分のために踊る

教えるためには

自分も学び続けることが必要だし、

自分の体のメンテもしなくてはいけない。

これはジョナサンもよく言う。

「教えてるからこそ、習いにいけ」

昨日は、ダニエラのクラスへ行き、

死ぬほど踊った。

まったく空になって、

自分をただ媒体として、

私のスピリットが踊った。

時々エゴが顔を出す。

しんどいー、とか

あ、ダニエラ、うまいな、とか

まだーー?まだカオス〜〜?とか

ここでこの曲、マジ?とか

この人と組むの、やりにくいなあ、とか

そのエゴにダンスをさせる。

全ては自分の中だ。

まわりはただの鏡。

だから、つまんないのも、しんどいのも、

楽しいのも、ワクワクするのも、怖いのも、

全部、踊り(ダンス、動き)にする。

意図的にそれを踊りにしていると、

そのうち

皮膚の中に閉じこもっている魂が

自由に動き出す。

するとシフトする。

ファイブ・リズムってそういうことだ。

東京ワークショップは下の写真をクリックして下さい。

そのほかは こちら >>>

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square