スタッカート


この7月、母と叔母が入院し、私は1ヶ月以上、日本の地元の病院にいた。

命を危ぶまれた母が治り、一見重病に見えなかった叔母が亡くなった。

大好きな叔母はガンの術後の回復がうまく行かず、私がLAに帰ってきた数日後、この世を去った。

二人を5リズムの観点から見ていて、興味深い発見があった。

5リズムでは、

フローイング 〜 スタッカート 〜 カオス 〜 リリカル 〜 スティルネス 〜

そしてまたフローイングへともどる。人生はいわば螺旋。

母が入院した時には全く動けず、完全にスティルネスの状態で、命が危ぶまれた。

そのあと、ゆっくり目覚め、フローイング(動きの特徴としては曲線)の時期があった。

そのあと、母に「絶対に治る!絶対に戦う!」という気力が見られはじめたころ、動きのパターンが変わった。その動きはもはや曲線ではなく、直線に変わっていた。スタッカート特有の”吐き出す”「呼吸」も、「目」も、「手」も、「足」も、思考や行動パターンも、一点に集中してそこへ向かう。止まる。動く。方向転換。まっすぐ一点に向かう。全て、典型的なスタッカート。

一方叔母は、手術をした後もいわゆるフローイングの場所にずっといたように思う。決してスタッカートへは行かなかった。動きもゆっくりな曲線だったし、呼吸もフローイングの呼吸、一生懸命吸っていたが、うまく吐けていなかったように見えた。

決してスタッカートへは移行しなかったように思う。

(だが、それは大好きな叔母の魂の決断なので、批判するものではない)

 ・・・・・

さかのぼること、私が数十年前に入院した時もそうだった。

思えば、意識が戻った瞬間から怒っていた。

なんだこの管は!絶対にはずしてやる!!と、全てがスタッカートだった。

そして、その病院やリハビリセンターで治る人を観察していると、とても多くの人が怒っていて、なんでみな、怒ってるんだろうなあと思っていた。

今になってみると、怒る事は治るための「元気」だったのかもしれない。

「元気」はいいとされ、「怒り」は悪いとされているが、本来、本質的には同じ「火」のエネルギーであることを5リズムで学んだ。

体の観点からみて最も興味深いことは、怒っている人は曲線(フローイング)を描いていない。必ず直線(スタッカート)だ。

タマゴも、、、

タマゴ内で曲線の中で自分を満たし、いつかはスタッカートで卵のカラをコツン、コツンと、直線的に動かないとタマゴは内側から割れない。

スタッカートが教えることは計り知れない。

長くなるので、また次回。

(医学的には根拠がありません。私が見た範囲での私の見解です)

=====

この9月は、金沢ワークショップからはじまり、東京、名古屋、関西へと続きます。

金沢: 9月15日 「WAVE からだとつながる」

詳細はこちらから。

東京: 9月22日夜、23日、24日は全日。「WAVE 5RHTYHMS」

お申し込みは こちらから。

http://5rjp.com/event/2018_09_tokyo/

名古屋 9月28日夜、29日、30日 「WAVE 5RHTYHMS」

http://5rjp.com/event/2018_09_nagoya/

九州: 10月1日 「WAVE "BODY"」

https://www.facebook.com/events/1410528952424000/

関西: 10月7日&8日 「光と影 LIGHT & SHADOW」

http://5rjp.com/event/2018_10_07_masayo_kansai/

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square